情報バリアフリーポータルサイト

日本ウェブアクセシビリティ普及ネットワーク

  1. 現在位置
  2. ホーム >
  3. 試験とは

おしえて!
アクセシビリティ

検索方法

人気コンテンツ

試験とは

2010年に改正されたJIS X8341-3の大きなポイントは「試験」が追加されたことです。試験には「A」「AA」「AAA」と3段階の達成基準があります。
以下に日本の達成基準を掲載し、該当するWCAG 2.0の項目にリンクを貼ります。JIS X 8341-3:2010とWCAG 2.0は対応しています、例えばJIS X 8341-3:2010の「7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準」は、WCAG 2.0の「非テキストコンテンツ:達成基準 1.1.1」と同じです。

JIS X 8341-3:2010達成基準

等級Aで適合する場合に満たすべき達成基準

  1. 7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準
  2. 7.1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアに関する達成基準
  3. 7.1.2.2 収録済み音声コンテンツのキャプションに関する達成基準
  4. 7.1.2.3 収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準
  5. 7.1.3.1 情報及び関係性に関する達成基準
  6. 7.1.3.2 意味のある順序に関する達成基準
  7. 7.1.3.3 感覚的な特徴に関する達成基準
  8. 7.1.4.1 色の使用に関する達成基準
  9. 7.1.4.2 音声制御に関する達成基準
  10. 7.2.1.1 キーボード操作に関する達成基準
  11. 7.2.1.2 フォーカスに関する達成基準
  12. 7.2.2.1 調整可能な制限時間に関する達成基準
  13. 7.2.2.2 一時停止,停止及び非表示に関する達成基準
  14. 7.2.3.1 3回の閃光又は閾値以下に関する達成基準
  15. 7.2.4.1 ブロックスキップに関する達成基準
  16. 7.2.4.2 ページタイトルに関する達成基準
  17. 7.2.4.3 フォーカス順序に関する達成基準
  18. 7.2.4.4 文脈におけるリンクの目的に関する達成基準
  19. 7.3.1.1 ページの言語に関する達成基準
  20. 7.3.2.1 オンフォーカスに関する達成基準
  21. 7.3.2.2 ユーザーインタフェースコンポーネントによる状況の変化に関する達成基準
  22. 7.3.3.1 入力エラー箇所の特定に関する達成基準
  23. 7.3.3.2 ラベル又は説明文に関する達成基準
  24. 7.4.1.1 構文解析に関する達成基準
  25. 7.4.1.2 プログラムが解釈可能な識別名、役割及び設定可能な値に関する達成基準

等級AAで適合する場合に満たすべき達成基準

  1. 7.1.2.4 ライブの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準
  2. 7.1.2.5 収録済みの映像コンテンツの音声ガイドに関する達成基準
  3. 7.1.4.3 最低限のコントラストに関する達成基準
  4. 7.1.4.4 テキストのサイズ変更に関する達成基準
  5. 7.1.4.5 画像化された文字に関する達成基準
  6. 7.2.4.5 複数の到達手段に関する達成基準
  7. 7.2.4.6 見出し及びラベルに関する達成基準
  8. 7.2.4.7 視覚的に認識可能なフォーカスに関する達成基準
  9. 7.3.1.2 部分的に用いられている言語に関する達成基準
  10. 7.3.2.3 一貫したナビゲーションに関する達成基準
  11. 7.3.2.4 一貫した識別性に関する達成基準
  12. 7.3.3.3 入力エラー修正方法の提示に関する達成基準
  13. 7.3.3.4 法的義務、金銭的取引、データー変更及び回答送信のエラー回避に関する達成基準

等級AAAで適合する場合に満たすべき達成基準

  1. 7.1.2.6 収録済みの音声コンテンツの手話通訳に関する達成基準
  2. 7.1.2.7 収録済みの映像コンテンツの拡張した音声ガイドに関する達成基準
  3. 7.1.2.8 収録済みのメディアの代替コンテンツに関する達成基準
  4. 7.1.2.9 ライブの音声しか含まないコンテンツの代替コンテンツに関する達成基準
  5. 7.1.4.6 より十分なコントラストに関する達成基準
  6. 7.1.4.7 小さい背景音又は背景音なしに関する達成基準
  7. 7.1.4.8 視覚的な表情に関する達成基準
  8. 7.1.4.9 画像化された文字に関する例外のない達成基準
  9. 7.2.1.3 キーボード操作に関する例外のない達成基準
  10. 7.2.2.3 制限時間なしに関する達成基準
  11. 7.2.2.4 中断に関する達成基準
  12. 7.2.2.5 再認証に関する達成基準
  13. 7.2.3.2 3回のせん(閃)光に関する達成基準
  14. 7.2.4.8 現在位置に関する達成基準
  15. 7.2.4.9 リンクの目的に関する達成基準
  16. 7.2.4.10 セクション見出しに関する達成基準
  17. 7.3.1.3 一般的ではない用語に関する達成基準
  18. 7.3.1.4 略語に関する達成基準
  19. 7.3.1.5 読解レベルに関する達成基準
  20. 7.3.1.6 発音及び読み仮名に関する達成基準
  21. 7.3.2.5 利用者の要求による状況の変化に関する達成基準
  22. 7.3.3.5 ヘルプに関する達成基準
  23. 7.3.3.6 エラー回避に関する例外のない達成基準

※上記の内容について「難しい」「解読している時間が無い」という方は、「ウェブアクセシビリティ実例集【2012年度】」をご購入ください。WCAG2.0解説書に基づき、WCAG 2.0 実装方法集を図解しています。

試験結果表記方法

5段階の表記方法があります。

1.「適合」と表記できるケース
達成基準をすべて満たした上で、「JIS Q 1000 適合性評価・製品規格への自己適合宣言指針」による自己適合宣言をった場合。
2.「準拠」と表記できるケース
達成基準をすべて満たした場合
3.「一部準拠」と表記できるケース
達成基準を一部満たせなかった場合。満たせなかった理由と準拠に向けたスケジュールも合わせて表記する。
4.「配慮し試験」と表記できるケース
達成基準を満たしたかどうかにかかわらず、試験を行った場合。
5.「配慮」と表記できるケース
試験を行わなかった場合。ただし、配慮する為に参照した達成基準一覧を合わせて表記する。

試験枚数

試験には「ウェブページ単位での試験」と「ウェブページ一式単位での試験」の2つがあります。ここではいくつかパターンのある「ウェブページ一式単位での試験」についてご説明します。

ページ数が少ないサイトの場合は全ページ試験をするのが望ましいです。ですが、100ページを超えるサイトを全ページ試験することは難しく、コストもかかります。その場合は、以下のいずれかの方法を適用します。

1.ランダムに選択する方法
ランダムにサンプリングして試験します。
2.ランダムでない選択方法
トップページなど不可欠なページを指定して試験を行います。
3.「1と2」の組み合わせ
ランダムに選択する方法と、ランダムでない選択方法を組み合わせ

※ウェブアクセシビリティ基盤員会サイトの「JIS X 8341-3:2010 試験実施ガイドライン (外部リンク)」で、合否判定に十分なページ数として「40ページ以上」のサンプリングが推奨されています。

※また、ウェブアクセシビリティ基盤委員会のフェイスブックで、試験を解説したスライド「JIS X 8341-3:2010準拠のための試験方法(外部リンク)」が公開されました。ここに試験ページの抽出方法や、試験結果の公開方法が詳しく記載されています。試験ページ数の目安としては、「主要ページ群+ランダムサンプリングで40ページ程度」となっており、一例として55ページ試験を行ったケースが掲載されています。

上記の試験を行うための「実装チェックリスト」や「達成基準チェックリスト」は当サイトにご用意しております。無料となっておりますので、ぜひ、ダウンロードしてご利用ください。

もし本サイトに関する内容に間違いがあり、気づかれた方がいらっしゃいましたら、お問い合わせよりご連絡ください。
ご意見・ご質問も受け付けております。よろしくお願いいたします。