2016年12月09日(金)

来年も「アクセシビリティの祭典」やります!

これは、Web Accessibility Advent Calendar 2016の9日目のエントリーです。
NPO法人アイ・コラボレーション神戸の理事長をやらせてもらってます板垣と申します。
初めてのエントリーで何を書こうか迷ったのですが、まずはぼくとアクセシビリティの出会いを文にしてみようと思います。
誰が興味あんねん!とか言わないでくださいね。

ぼくは先天性の障害をもっており(簡単に言うと体の節々の関節がかたーい症状)、良くなることもなく、悪くなることもなく、33年間生活してきました。

子供の頃は、父母姉の助けもあり、なんなく過ごせてきましたが、二十歳になり、大学やら就職やら行き先が見つからず、初めて障害というものと向き合いました。
ハンデを背負って生きていくというのは、こんなに大変なものなのかと路頭に迷っておりました。

生活面では、兵庫リハビリテーションセンターで2年間、自立訓練を受け、ADLはこなせるようになり、車の免許も取得できたりと、親の手を借りずに過ごせるようになりました。

しかし、生活するには金がいる。仕事を探さねば。

合同就職面接会に行ったり、求人票を探し直接面接の申し込みに行ったりと、色々受けましたが、全すべり。今や笑い話です。
そんな時、当時通っていた職業能力開発校の担任に、アイ・コラボレーション神戸(以下、アイコラボ)の求人票をいただき、その日にハローワークに行き、面接の申し込みをしました。

今から11年前、晴れて仕事が見つかりました。

ぼくが入ったときからアイコラボではアクセシビリティに力を入れておりました。と言うのもアイコラボはスタッフの大半が何らかの障害を持っており、当事者の特性を活かし仕事をするといった方針で活動しておりました。(現在進行中です)

正直に申しまして、当時のぼくは、アクセシビリティというものに全く興味がありませんでした。
コントラストなどは薄くても気にせず見れますし、小さいボタンでもクリックはできてました。ましてや画像に説明を記載できるなんて想像もしてませんでした。
自分には必要ないものと思っておりました。

2010年、JISの改定やみんなの公共サイト運用モデルがでたことによって、アイコラボでも本格的にアクセシビリティ事業に取り組むようになり、ぼくのアクセシビリティに対しての考え方も徐々に変わってきました。
自分が見れる出来るからそれでいいんじゃなくて、ほんまにホームページを見るときに、ほんまに困ってる人がいるということを目の当たりにしたので、サイトを作る立場でもあるので、この自己中な考え方はダメだと思い始めてきました。

一番衝撃的だったのが目が見えない人、目が見えにくい人のユーザ評価をしたときでした。
スクリーンリーダー?alt属性??ん???って感じでした。
きちんとマークアップされているサイトに関しては、見事にすらすら閲覧されていってるのを見て開いたくちが閉まりませんでした。

さらに、ユーザ評価を重ねていき、高齢者、ストレッチャーのまま指に小さなマウスをはめてpcを操作、ストレッチャーのままwindowsの音声入力で閲覧、足でマウスキーボードを操作、ジョイスティックマウスで操作、くちにステッキをくわえてテンキーでの操作、たくさんの閲覧環境があることを知りました。

圧巻でした。

なんなく操作してはるんですが、やはり見にくいサイトはたくさんあると色々文句を言ってはったので、これではいかんと改めて思いました。

それからはほんまにどんなサイトでもアクセシビリティを意識するようになり、中には、板垣は厳しすぎるとかもいただいております笑

先日、神戸市さんのサイトがリニューアルされましたが、神戸市さんにおかれましてはアクセシビリティを真剣に取り組まれております。
ここ5年、JIS試験、ユーザ評価、職員研修をされていて、今回のリニューアルも長年取り組んでこられたユーザ評価の結果を取り込まれた結果のリニューアルとなっております。

最近ではアクセシビリティが世に広まりだして、真剣に考えておられる自治体さんや業者さんが増えましたが、昔は中々話を聞いてもらえずや、聞いてもらってても、あー、知ってる知ってる、大事ですよねー。止まりとかがよくあったように覚えてます。

悔しかったです。筋違いかもですが腹も立ちました。

そうゆう経験もして、もっともっと広めないといけない、大事なことなんだと知ってもらわないといけない、みんなで盛り上げていこう!と思い、「アクセシビリティの祭典」というものを立ち上げました。

「第1回アクセシビリティの祭典」は2015年2月3日に開催いたしまして、キャッチコピーに「アクセシビリティ=マシンリーダブル」とゆうのを設け、100人前後のお客さんに来ていただきました。
仕切りをつくり、セッションと展示ブースを同時にしており、どっちも聞きたい見たいという方には多少しんどい思いをさせてしまったかもしれません。
ですが、セッションで登壇いただいた方々や展示に出展していただいた方々がほんまに素敵で素晴らしくてかっこよくて、もうたまらんでした!

「第2回アクセシビリティの祭典」は今年の5月19日のGAADの日にさせていただきました。
新JISの発表後ってゆうのもあって、大盛況でした。
アクセシビリティ基盤委員会の方々にも来ていただき、ここが変わった新JISのお話や神戸市サイトリニューアルの裏側、アクセシビリティとUI.UXのお話をしていただきました。

そもそもなぜ、このような祭りを始めたかといいますと、1番はなんか楽しいことしたいなというのと、関西でももっと浸透してほしい気持ちと、広まらない理由は福祉と捉えられがちではないかと思ったからです。

いずれ高齢者になりますし、いつ怪我病気になるかも、みんなに大事なことだと知ってほしかったからです。
かといって、アクセシビリティという言葉をいきなり突きつけられても引かれるだけなので、物も見せてしまおうとなり、展示も同時にすることにしました。
展示ブースを周られてる方たちにも、新たな発見ができたや、うちの子供に使えるかもや、次のバージョンがでたら教えてなどの感想もいただきました。

そして来年もします!

開催日は2017年5月18日、サロンパスの日です!
今年も盛大になるよう皆様、ご尽力いただければ大変うれしく思います!
こうゆう場で、ほんま厚かましいことをお願いしてしまいますが、スポンサー様になっていただける方を探しております。
スポンサーになってあげてもいいよとおっしゃっていただける方は是非、ご一報をいただければ幸いです!

アクセシビリティとぼくというタイトルで走りきろうとしましたが、最終的にスポンサー募集になってしまったことをお詫び申し上げます。

最後に、アクセシビリティを通じて知り合いになれた方々に感謝をし、またこれからもアクセシビリティ界を盛り上げていけるよう全力疾走します。

今後とも末永くお付き合いいただければ幸いです。

2014年12月19日(金)

アクセシビリティ=マシンリーダブル

これは、Web Accessibility Advent Calendar 2014の19日目のエントリーです。
日に日に(私の)緊張感が高まり、ついにエントリーした19日目となりました。

テーマは「アクセシビリティ=マシンリーダブル」です。広く普及した言葉ではないですが、このブログを読んでくださる方の多くは、ご存知なのではないでしょうか。

情報バリアフリーポータルサイトの作成や更新を担当する弊所(NPO法人アイ・コラボレーション神戸)には、肢体不自由・視覚障害・知的障害・精神障害など、何らかの障害手帳を持つ人が12名勤務しています。
障害を価値として障害特性を活かして、ユーザ評価・試験・ウェブアクセシビリティ対応のサイト制作など、アクセシビリティに関する対応業務を行っています。
以下は先日行ったユーザ評価の中で公開OKと言ってくださった方の写真です。口に棒をくわえて、テンキーで操作していらっしゃいます。
ユーザ評価風景写真

ユーザ評価をはじめアクセシビリティに関する事業を行う中で、自治体や社会福祉協議会さまから、JIS X 8341-3:2010の試験や、方針や運用ガイドライン作成をご依頼いただいたりします。弊所にご依頼くださるお客様は、ありがたいことに「当事者の意見が聞きたいから」と言ってくださいます。

そこで方針やガイドライン作成についての打合せで、実装項目と理由をご説明し、対応をご相談します。一部をピックアップしてご紹介します。

  • 私:「文字色と背景色のコントラストが足りなくて、見にくい箇所がありますね。」
  • お客様:「ああ、見にくいですね。高齢者や視覚障害者の方はもっと見にくいですよね。直します。」

コントラストは、ご理解していただきやすいような気がします。
ただ、構造化というのが、なかなか難しいです。比較的ご理解いただきやすい「見出し」の場合…

  • 私:「見出しタグがきちんとついてません。見出しタグがあればブラウザやスクリーンリーダーで文章を読み飛ばすことができますが、それができない状態です」
  • お客様:「CMSを改修するのでテンプレートを用いたページと新しいページは改善できます。ただ、古いファイルすべてに見出しをつける修正は困難です。」
  • 私:「古いファイルでも、アクセス数が多いファイルについては対応する等は難しいでしょうか?」
  • お客様:「スクリーンリーダーを使ってる方すべてが見出しタグを読み飛ばす機能を使っていて、無いと困る状態なら、アクセス数と言わず、大変でもウン万ページすべてやりますが、どうですか?」
  • 私:「私の知っている全盲の方々では、三分の一以上くらいの割合で使っていますが、すべて…ということはないです…。でも、増えてます。」
  • お客様:「では、過去のファイルについてもアクセス数上位からできる限り対応し、毎年継続してその作業をしていくことで、見出しタグがきちんとついてるファイルを増やしていきます」

という、やりとりをしたことがあります。

本当に素晴らしいお客様で、ご予算と職員のご負担を考えると、結果的には無理をしすぎずに継続していただける良いところに落ち着いたと思うのですが、私自身がダメダメだなぁ、と思います。福祉という方向性で話を進めると限界を感じます。

高齢者や障害者の方々の現状に合わせるのは大事ですが、それでは理解しにくい項目がJIS X 8341-3:2010には多くあり、現状ではまだスクリーンリーダーが対応していない項目やユーザが実践していない項目もあるのではないかと思います。

「アクセシビリティ=マシンリーダブルへの想い」

福祉という切り口では限界を痛感したので、今はマシンリーダブルという価値観を共有したいと考えるようになりました。
障害者といわれる人は、視覚障害を持ってスクリーンリーダーを利用している人だけでなく、身体不自由で、視線で操作している人や、音声で操作している人や、様々な人がいます。
以下はWindowsの音声認識機能の写真です。
スクリーンショット

特に音声での操作について、今では多くの人が使用しているスマートフォンにも音声操作機能があるので、一般の方にも馴染み深いと思います。
以下は私のiPhone6のsiriの写真です。
ご用件は何でしょう?

自分はスマートフォンの音声操作機能を使っていないと言う方も、ウェアラブルデバイスが主流になれば、音声操作が今より普及し、使用するケースが出てくるかもしれないし、新しく視線操作なんて機能がつくかもしれない。さらに、もしかしたら、脳波で操作なんて未来的なデバイスが出てくるのかもしれないです。

さまざまなデバイスやソフトが、人間が情報を取得して操作することを助けていて、誰もがその恩恵をうけています。デバイスやソフトの開発には世界標準といえる仕様や規格があり、情報を公開するのにも仕様や規格があります。それがWCAG2.0(日本語訳)であり、WAI-ARIA1.0(日本語訳)であり、 ISO/IEC 40500:2012(WCAG2.0と同じ内容)であり、日本ではJIS X 8341-3:2010であると思うのですが、なかなか理解が難しいような気がします…。

「アクセシビリティ=福祉」は間違ってはいないけれども、それだと特別な配慮になってしまうので、「アクセシビリティ=マシンリーダブル」を体感してもらえる方法はないかと悶々と思った挙句、イベントを企画しました。

「アクセシビリティの祭典にご協力お願いします」

長々となりましたが、実は告知と募集です。
2015年2月3日火曜日に神戸で「アクセシビリティの祭典~テーマ:アクセシビリティ=マシンリーダブル~」というイベントをする予定です。

音声で操作するデバイスやソフト、視線で操作するデバイスやソフト、脳波で操作するデバイスやソフトを展示したいと思い、メーカーさんに展示をお願いするにあたり、チラシを作成しました。
アクセシビリティの祭典チラシのぼやけたイメージ写真

また、セミナーや対談なども行いたく、メインの対談はこちらの予定です。
「メイン対談テーマ:未来のアクセシビリティを考える」
(ウェブアクセシビリティ) 株式会社インフォアクシア 代表取締役 植木 真様 & (ウェアラブルデバイス)神戸大学大学院工学研究科 教授 塚本 昌彦様
ファシリテーター バスタイムフィッシュ代表 村岡正和様

詳細は以下

まだ企画中で、関西の方々のアイデアや協賛やご協力(ボランティアスタッフや告知のお手伝い)をしてくださる方を募集しています。今なら「こんな展示して(させて)」「こんなセミナーして(させて)」というご要望も歓迎です。もしもご興味がある方は、ぜひぜひぜひお気軽にご連絡ください。

アクセシビリティの祭典実行委員づくりを計画中ですが、準備期間中のお問い合わせは、情報バリアフリーポータルサイトお問い合わせページのメールフォームよりご連絡ください。「実行委員しますよ」という方も大歓迎です。お電話の方は078-302-9811(NPO法人アイ・コラボレーション神戸 北山)までお願いいたします。

北山ともこ

2014年03月07日(金)

みんなの公共サイト運用モデル ユーザ評価(ウェブアクセシビリティ)

みんなの公共サイト運用モデルの「目標を達成するための取組み」「継続的な検証と改善の取組み」の中に、「ユーザー評価」という項目があります。

日本ウェブアクセシビリティ普及ネットワークでは、ユーザー評価・ニーズ調査協力施設と「ユーザー評価」を実施しています。2013年12月~2014年1月にかけて実施したユーザー評価の一部をご報告いたします。

2013年12月26日 神戸アイライト協会 高尾さま(お持ちの障害:全盲)

全盲の高尾さんはFocusTalkを主に使われていますが、NVDAもPC-Talkerも使いこなされています。
高尾さんの解説入りのPC使用風景動画を撮影させていただいたので、情報バリアフリーポータルサイトに公開予定です。
ユーザー評価中の高尾さんと、質問している日本ウェブアクセシビリティ普及ネットワーク代表板垣の写真

2014年1月7日 NPO法人神戸ライトハウス 川原井さま(お持ちの障害:弱視)

弱視の川原井さんはハイコントラスト画面でPCを閲覧されています。普段さまざまなホームページを閲覧している中で、画像や文字がハイコントラスト画面では表示されていないことがあるそうです(背景画像に設定されている為だと思われます)。その場合は「あきらめる」とのことでした。

川原井様からも動画アップOkとの了承をいただいたので、また情報バリアフリーポータルサイトに公開いたします。

2014年1月18日 NPO法人アイ・コラボレーション 日野さま(お持ちの障害:脊髄性筋萎縮症)

指にはめる小さなマウスを器用に操作し、スクリーンキーボードを操作する日野さん。
動画も快く撮らせてくれたので、編集して、また情報バリアフリーポータルサイトに掲載します。
人差し指にはめた小さなマウスをカメラに向かってかざして見せてくれる日野さんの写真

2014年1月29日 NPO法人アイ・コラボレーション Kさま(お持ちの障害:肢体不自由)

身体を動かすのが困難で声でパソコンを操作しているKさんにユーザ評価をしていただきました。 音声認識操作(windowsVista標準装備)を使用して、全て声だけで操作していらっしゃいます。

「番号表示」とマイクを通して命令すると、リンクが貼られているであろう箇所に番号が振り分けられます評価していただいたページでは、番号が80を超えていました。
番号表示画面のスクリーンショット

「マウスグリッド」と命令すると、九つのエリアに分かれます。  目的の箇所の番号を命令し、だんだん的が絞られてきて、最終的にピンポイントでマウスポインタが動きます。
9つに表示されたエリアのスクリーンショット
動画もとらせていただいたので、ご本人に確認して、問題なければ後日、情報バリアフリーポータルサイトに公開いたします。

他にもご協力してくださった方々がいるので、許可がとれたら、またブログにアップいたします。